最近メディアでもたびたび見かける
パンをオーダーメードで注文できるサービス「パンフォーユー」さん
世界初オーダーメードパン宅配サービス『パンフォーユー』

僕も立ち上げのタイミングでクラウドファンディングを支援で
届いてパンをさっそくいただいちゃいました。
image
※冷凍パンなんだけど、解凍の仕方やオーブン使ったりレンジだけなどやり方次第で
パリッとしたものから、モッチリしたものまで楽しめる。
で、油脂が多いとか少ないとか、オリーブオイルや小麦粉の素材とかの違いを
食べ比べできるとっても楽しめるオーダーメードパンなのです。


で、このパンフォーユーを仕掛ける代表の矢野さん。
クラウドファンディングの仕組みを使って新たな挑戦をスタートです。

※ちなみに、矢野君は結構縁深く、
G-netがグロービス経営大学院名古屋校とコラボで実施した
若手社会人向けのセミナー「Young Leaders Proglam」を以前受講してくれてて、
その後も、何かとご一緒することが多かったんです。


で、その新たな企画が、「全国パン甲子園」
ご当地食材とコラボしたパンによる選手権とのこと
クラウドファンディング「makuake」の冒頭分引用
〜 全国47都道府県・名産品パン甲子園 〜、ついに開幕!!
全国47都道府県の名産品をつめこんだご当地パンの頂上決戦!!
地元パンを応援しよう!!
というわけで、岐阜県代表は「栗きんとん」です。
東海予選のクラウドファンディングページはこちらです。
今回、G-netは、この食材のコーディネートをサポートさせていただきました。
ことの始まりは、夏くらいに
矢野君「岐阜の食材とのコラボも是非とも。」
南田「溜まりとか味醂とか栗きんとんとかどう?」
矢野君「栗きんとんいいですね。」
南田「栗きんとん×パンフォーユーはやれると面白いと思うな。」
みたいなやりとりをフェイスブックでやってたのがきっかけwww
気が付けば甲子園になっててびっくりしました。
でも、面白い取り組みで、さっそく応援しようと思います。
(ん、こうやって気が付けばファンになっていくのか。。。)


今回、こういう縁をいただいて感じたのは、
地域に密着して事業展開するG-netと、コンセプトを打ち出し全国をつなぐ事業者は
相性が実はとってもいいなということ。

今取り組んでいる、大企業も参画する地域課題解決型研修プログラム「シェアプロ」も
地域に密着、根付いて設計ができるからこその強みがうまく出てきている。

こういう連携はもっと増やしていきたいなと思います。


ま、なにはともあれ、「全国47都道府県・名産品パン甲子園」です。
皆様、ぜひとも岐阜県応援してください(^^♪

最後に、東海予選のmakuakeサイト
「あなたの出身県は何パン??全国47都道府県・名産品パン甲子園〜東海予選〜」

はやく食べたい。。。