南田修司のG-netブログ

NPO法人G-net代表理事 南田の個人ブログ
チャレンジの伴走者として一緒に考え、一緒に走る。地域産業のイノベーションと、担い手となる若者が育つ環境づくりに取り組んでいます。
「若者のキャリア支援」「組織のチーム力向上、人材育成」「経営者の右腕」「中小企業の組織開発」「人が育つ組織作り」「インターンシップ」「コーディネート」 

カテゴリ: コレクティブインパクト

貧困世帯の子どもたちに直接食料を届けるアプローチ
「こども宅食」が、2017年10月から東京都文京区でスタートする

昨日の記者発表以降、ヤフーニュースを始め、様々なメディアで取り上げられ話題になっている

『食料を直接手渡す「こども宅食」は、「7人に1人が貧困」の子どもたちを救うのか
ふるさと納税で食料宅配 東京・文京区とNPO、ひとり親と子供らに

また、様々な人が、twitterやfacebookで、「こども宅食」について記事や投稿をあげている
この取り組み、とても素敵だと思うし、応援することで、ひとつのモデルができればと思う

また個人的には、NPOだけでなく、民間企業も参画していることがとても良いと思うし、
参画企業の1社は、ホンキ系インターンの元受入企業でもあるココネット株式会社さん
ココネットさんは、買い物弱者サポートのための食糧配達など手掛けているし、
顧客とのコミュニケーションを大切に取り組まれていて、この取り組みにもぴったりなパートナーさんだと思った


今回、いくつか期待していることがある


1つ目は、
『コレクティブ・インパクトというアプローチがどういうインパクトにつながるか』
共通の課題認識のもと、ビジョンを共有し、指標やゴールを共有した組織横断的な取り組みとして
「こども宅食」はとても注目できる

社会課題解決の取り組みは、想いだけでは実現しない
目の前の1人を支えられることの価値は果てしなく大きいことだけど、
同時に、まだ出会っていない多くの1人がいると思うと、どこか壁も感じる
そういう中で、1個人1組織だけでなく、ビジョンを共有でき、それぞれの専門性を備えた
チームで取り組めることは、どういうインパクトを生み出せるか
それがとても楽しみだし、僕にできることがあればサポートしたいと思う


2つ目は、
『制度や仕組みを整えるだけでは届けられない、アウトリーチ型の支援』
支援できる、サポートできる、用意がある、ではなく、「届ける」という今回の取り組みが
見えなくなっている子どもたちをすくいあげるきっかけにならないものか

ダイバーシティやLGBTに関しての取り組みをしていても
確かにそこにいるはずなのに、見えないまま課題が生まれていっている現実に出会うことがあった
そして、出会って初めて気づくことができた

わかっていれば対応するよって企業は実際に結構あって
でも、当事者の方にはそれは見えていない
そして、結果的には僕たちも見えなくなっている

貧困状態に陥っている子どもたちにも同じようなことがあると思う
アウトリーチ型の取り組みが、そのひとつのきっかけになるのではと期待している

「で、実際にそれでアプローチできるの?」
「で、何人それでサポートできるの?」

色んな疑問や批判的な指摘もあがっているけれど
一点突破できるヒントやノウハウが積みあがっていくことにも価値があると思う


そして、3つ目は、
『横展開の可能性を持つ設計』
今回、専門性を持つ複数の組織が連携しながら支援体制を整える
そして、その資金源として、補助金や助成金、委託などでなく、ふるさと納税が活用される

命をつなぐ「こども宅食」で、1000人のこどもと家族を救いたい!

返礼品競争の激化が問題視もされている中で、改めて誰のために、何のために使うかを
選択できる形でのふるさと納税は、とても素敵

まずは気づくこと、そして最初の一歩として取り組めることがあること
その先に、価値が見える化し、継続的な支援体制を整えること
そういう一歩につながる体制なんじゃないかなと

文京区だけがどうこうでなく、目標としている1000人だけがどうこうでなく
その先をイメージして設計されていることがとっても良い


そんな観点もあってとっても注目している
目の前のたった1人にこだわりながら、まだ見えないままの多くの1人もイメージできる
そういう取り組みになることに期待


『どんな立場や境遇、人種などに関わらず挑戦できる環境を整え、支えあえる社会を目指す』
僕がG-netにコミットする大きな理由のひとつはこれ
だから、「こども宅食」も応援したい


image
※1泊2日で小田原(ただしくは湯河原)に合宿に参加してきました。

新たな取り組みの連携のため能登に出張していたんですが、
その延長戦で、1泊2日の合宿のため湯河原へ

色々とあったんですが、僕なりの今回のキーワードは、
  1. コレクティブインパクトなアプローチは、他組織の課題解決に自分たちのリソースでできることを考えると身近なイメージが持てる気がしてきた。これを連鎖的に大きく描けばいいのかな。
  2. G-netのようなエリア特化型のモデルと、テーマ型のモデルは連携することで、課題解決のスピード感を上げられる。

  3. 同じモデルでも、視点を変えるとサービスが変わり、収益設計も変わる。

  4. 共通課題を持つ事業体の連携と、異なる課題にアプローチする事業体との連携と、それぞれに良さがあると思った。
などなどでした。
加速度的に可視化されていく社会課題の解決に
個々のアプローチの積み重ねでは間に合わなくなっている中で
共通の課題認識を持ち、異なるセクターの力を集結して解決に近づけていく

「コレクティブインパクト」

っと言ってもなかなかイメージも持ててなかったのが、
少しイメージできるようになりました。

たとえば「教育領域」
G-netは、教育支援団体でもあり、産業支援団体でもありますが
G-netの取り組む領域は、事業性を高めていく絵を比較的描きやすいのですが、
教育全般では、それは難易度がより高く、寄付型にならざるを得ない状況があります。

もともと、事業化が難しい社会課題だからこそ、新たな担い手としてソーシャルセクター
が出てきていることから考えても、当たり前といえば当たり前なんですが。

でも、いっぽうで、G-netの持つ様々な資本と、他団体の持つ様々な資本を
結びつけると、ある程度新しい道筋を描けるものもあるように今回思ったんですよね。

それは、先日参加した、「WORKING RAINBOW EXPO」でもそう。
機会を求めていても仕事に出会えない課題を持った若者の存在が多数あって、
いっぽうで、担い手が足りずに途方にくれる企業も多数あるのも明らかで。
でも、なかなか既存のシステムの中では、適切にそこがマッチできていないという現状。

そこをwin-winの設計でつなげられるコーディネートができるかどうか
そのために、異なる組織の強みをうまく吸い上げ、最適化できるかどうか

その視点で、俯瞰し、絵を描くことができれば
事業性を高めて持続可能な形にしていくこともできるのではないかと。

そんな予感を感じました。


ここ最近、かなり色んな方と議論している
社会人のプロボノのコーディネートにおいてもそう。
プロボノコーディネートのそれぞれの当事者にとってのwinを最大化できれば
持続可能な仕組みは見えてくるように思う。


コーディネートという役割
やっぱりめっちゃ重要になってきてますね。
もっと勉強して、貢献できるようにしていきたいものです。

良い機会をいただけたことに感謝(^^)/


Q、誰と、どこと連携することで、課題解決のスピードはあがるでしょうか?
















↑このページのトップヘ