南田修司のG-netブログ

NPO法人G-net代表理事 南田の個人ブログ
チャレンジの伴走者として一緒に考え、一緒に走る。地域産業のイノベーションと、担い手となる若者が育つ環境づくりに取り組んでいます。
「若者のキャリア支援」「組織のチーム力向上、人材育成」「経営者の右腕」「中小企業の組織開発」「人が育つ組織作り」「インターンシップ」「コーディネート」 

カテゴリ: 視察\講演

image
※愛知県庁さんが主催のインターンシップ講習会にゲストとして登壇してきました。

G-netがインターンシップを始めて14年
「インターン??なんだそれ?」「忙しいときにやってられないよ」
なんてことを言われまくった時期もあった

で、あれから10年
今日は、愛知県庁さんが主催の「インターンシップ講習会」に登壇してきました(^^)/
G-netが取り組む6ヶ月の実践型インターンシップはまだまだこれからですが
この数年でインターンシップは大きく注目されるようになってきました。

2014年に三省合意(文科省、経産省、厚労省)の見直しがなされ
インターンシップの質的向上、量的拡大に向けて指針が示されています。
※詳細はこちらをぜひご覧ください。この合意に繋がる調査などでは、G-netも事例としてたびたび登場しています(^^)/

すごくざっくり言うと、以下のようなことが記載されています。(すいません。)
・インターンシップは教育効果はもちろん、企業にとっても価値のあるプログラムだ
・質の高いインターンシップの拡充には、企業、大学など関わる組織の積極的なコミットが必要
・大学にはインターンシップを積極的にカリキュラムに位置付けるなど体制作り、仕組みづくりを推進していくことが求められる
・インターンシップは企業にとっても情報発信など様々な価値があるが、採用を直接的な目的としたものとしてはいけない。そうならないような体制整備は欠かせない。
・従来型の5日間~10日間のインターンシップに限らず、長期型、海外人材を対象としたものなど多様なインターンシップを今後推進していく
・質の高いプログラム設計のためには、専門的にコーディネートできる人材の育成、設置が重要
などなど。多様なインターンの推進、企業・大学などが連携しての積極的なコミットメント、専門人材の育成や専門機関との連携など大事だねと記載されています。

ちなみに、ここ最近は、文部科学省が改めて「インターンシップの更なる充実に向けて」
と議論を重ねており、とりまとめをwebで公開しています。⇒こちら
詳細は割愛するが、三省合意の延長戦にある議論と考えて良いかなと。

他方、ここ最近議論が活発化しているのは、採用直結型インターンシップの是非。
年初には、経団連をはじめ、採用直結型インターンシップを認めようというニュースが紙面をにぎわせました。
が、最近の文科省の有識者会議では、認めないという方針に。
※この辺りは、検索してみてください。割愛します。

というわけで、インターンシップは今激変しています。
国の推進を背景とした教育的効果と企業価値の両立を意図したコーディネートに取り組む動きと
採用市場の売り手市場化や採用時期の変化に伴う採用直結の動き
近隣大学の方々とのやり取りの中で圧倒的に拡大しているのは採用直結の動きですね。

そんな中で、G-netは、基本的には質の高いインターンシップのモデル開発に取り組んでいますが、
僕個人の意見としては、採用直結型は市場のニーズから見てあってよいものではと考えています。
(それを、インターンシップと呼ぶのかどうかはともかくとして、実態にあった接点は必要だと)

で、インターンそのものは、より質向上に向けて大学や企業など各セクターとの連携が不可欠だとも。


このように、日々色々なインターンシップの情報があふれる中で
「インターンシップって結局なに??どうやって取り組めばいいの?何が良くて、何がダメなの?」
という声が増えていて。。。で、今回の講習会というわけです。

講習会では、
1、国の議論を踏まえたインターンシップの意義と今後の方針
2、具体的実施事例としての愛知中小企業家同友会とG-netの取り組み紹介
3、愛知県庁が実施するインターンシップ事業の紹介と企業の体験談
という3部構成で開催されました。

内容そのものは、また別機会にブログにまとめたいと思うのですが、
少しだけご紹介しておきます。特に、中小企業がインターンシップをどう活かすのか?とう観点で。


1、社会貢献意識はうれしい、でもそれ以上に企業側の参加目的をまずは明確に
インターンシップを14年取り組んできて、成果を左右する大きなポイントのひとつがこれ。
「受け入れてあげてもいいよ、若いやつを育ててあげるよ」というスタンスはありがたいが、
結構うまくいかないケースが多いです。

受け入れてあげる。ではなく、自分たちが試されている。
そう考え、インターンに取り組まれる企業様のほうが、成果や成長は加速していく。

色んな学生がいますが、平均的に見れば、インターン生は企業側にも相応の負担がかかります。
それゆえに、なんで受け入れるかが明確でない企業様はその負担に辟易しちゃうことがあるんですよね。

・若者が育てられる組織作り
・育成したい部下のマネジメント実習として
・若者目線で企業の魅力や課題を浮き彫りにしたい
・・・・などなど

何を目的に受け入れるか、そして、その目的にあったインターンのプログラムは何か?
長期か短期か?を考えるといいかなと思います。

2、採用直結型じゃないと意味がない。ってそこから勝負するには相当の準備がいる
結構多いのは、この言葉。採用直結しないインターン生の受入なんて負担にしかならない。
かなりのブランド力がある企業でなければ、この認識は間違っていると思ったほうが良いです。

ブランド力ある企業が、採用直結型のインターンシップに本腰を入れる中で、
同じ土俵で短期決戦をするだけでは、厳しい戦いは避けられないなと。

人口減、採用競争の激化という今の状況の中で、いかに勝負するのか。
そう考えたときには、短期的な採用にリンクするインターンシップということだけでなく
長期的な企業ブランドや組織力を高めることを目的としたインターンシップという選択肢も
大事になってくると思います。

採用直結でも勝負できる企業になっていくために(認められていませんけどね。採用直結)
若者から見たブランド力、若者を活かせる組織力をどう高めていくのか
そういう視点でインターンシップを捉えると、活かし方のイメージも広がるだろうなと。
※企業目線で記載していますが、インターンシップの前提は教育プログラムです。もちろん




と、こんな観点が中小企業にとって大事なことかなと話されていました。
インターンシップの活用に悩む企業の方の参考になればと。

しかし、今日は50人近くの企業や大学の方が参加してくださっていて、うれしいかぎりでした。
このブログでも時々、インターンシップについてもまとめていきたいと思うので、
気になることなどあれば、いつでもご相談くださいませ。
応えられる範囲で対応しますのでー(^^)/

インターン激変期、意図を持って取り組み企業様が増えればと思います。




Q、さてさて、皆さんは何のために、インターンシップの導入をされますか?

image
※ちょっとポーズがエラそうに見えるのが気になるけど、ラジオに副代表の勲君と出演。30分楽しく話してしまいましたwww

7月放送のラジオに、出演してきましたー。パチパチパチ
G-netのこれまでの取り組みやこれからについて
パーソナリティさんにリードしていただきながらのトーク

なんか運転中にZIP聴きながら、たまに出てくる企業さんの話があると
「いやー、真面目な話だなー。パーソナリティさんのトークと全然違う。」
とか思ったりすることあるんですが・・・、

「ラジオに出られる皆さま、すいません。僕もそうでした。」

うん、なかなかに難しかったです。
というわけで、後学のために、ラジオで話す難しさを整理してみます。
※って言っても、楽しい時間だったんですが、せっかくの機会なので。。。


1、なんていうか、合いの手とかいれていいのか、全然イメージがつかめない。
ラジオで話してみて思ったんですが、勲君やパーソナリティさんに
合いの手とか入れていいのかが全然わからず、しゃべるとき以外だんまりに。
声かぶってよいんだっけ?いやダメなんだっけ?
とか考えてるうちに時間が過ぎちゃいました。

今度もラジオ聴きながら、そのあたりを意識してみようと思います。
声がかぶっても聴きとれるのか、かぶるタイミングはどうか、どんな間の使い方か
などなど


2、声でしか表現がないという難しさ。色も手振りも届かないからな。
で、合いの手とか考えてみても、結局声だけでやるとなったときの表現って
とっても狭まってしまうなと。力量不足でした。
普段、スライドや身振りや場の雰囲気感にいかに頼っているかがわかります。
声の大きさ、トーン、真面目さなのかラフさなのか乗せる音など
そこまで意識できてなかったなと反省。

声だけで届ける

そういう視点で、日ごろのプレゼンなどもブラッシュアップしてみたい。


3、だからこその、ワンフレーズのキレとかわかりやすさが大切だったんだ。
あと、これは痛感したこと。ラジオショッピングとか、うまいなーって思うものって
やっぱり、ここがしっかりしてるよなと。
何が課題?どんなニーズや欲求があるの?
で、この商品がなんで良くて、それは代替不能なの?
そして、お手軽にできるよーって。伝えてる。

G-netの紹介は、いつも事業紹介を普通にしてもわかりにくいって思われる。
誰に向けて話すかによって、内容も異なってしまうこともあるからこそ、なおさら。

でも、それを説明しようとしてたなと反省。
まずは、G-netのやろうとしていることってそういうことか!
って感じてもらえる程度の情報をわかりやすくまとめて伝えること。
この視点は足りてなかった。


というわけで、真面目に話をしてきたんですが、もっともっと伝わるように
ブラッシュアップできたなーという振り返りでした。

岐阜を元気にしたい
日本一チャレンジに優しいまちにしたい
地域や大人が若者に負けないくらい育ち、その背中で子どもたちも育つ
そして人の活躍が、地域の産業を次の世代につないでいく
それがモデルになれば、日本中の地方にも届けられる

そんなことをもっとスパっと伝えたい。


あ、尚、onAirは以下の日程とのこと
僕と勲君の真面目に「話してんなー二人ともwww」と突っ込みたい方も
真面目に聞いてくださる方も、そうでない方も、良かったらぜひ。

FMわっち「がんばろう岐阜市」
7月の毎週金曜日 9:30~10:00 の放送
※第1週、第3週が同じ内容
※第2週、第4週が同じ内容です。


image
※G-netオフィスの入口。枡とタイルを壁材にしてます。どちらも岐阜の地場産業で、パートナー企業様の商品^_^


先日、青森県庁の方々が視察にいらっしゃいました。視察を有料化したあとも、なんやかんやと、全国から視察いただいています。関心を持っていただけるのはありがたいことですし、参考になればななーと。

今回のテーマは、
『地域企業と若者をつなぐインターンシップ』と
『UIJターンの推進』

これまでG-netが取り組んできた、実践型インターンシップとミギウデ就職採用支援事業について裏っかわ含めお話しました。


詳細は割愛しますが、そこで話したことを少しだけ紹介します。
コーディネート事業がつまづくポイントは何か?という質問をいただいたので考えてみました。

以下、3つ


1.事業親和性の高い人の選定
当たり前ですが、"ひと"の影響は大きいです。
取り組む事業への共感
コーディネートに対しての能力、伸び代
産業支援や教育支援などの専門性や意識的なバランス
あと、素直さとかキャラとか

展開する事業にマッチした人を設置できるか、採用できるかは重要度高いです。
ここがズレると苦しくなります。

2.ステークホルダーとの連携構築ができる環境づくり
次にこれ。
コーディネート事業は、どうしても関係する機関やひとが増えてきます。
インターンシップだけみても、教育機関である大学と、当事者である若者と、
受け皿となる地域の企業が関係してきます。

そして、それぞれが別の目的を持ってインターンシップに取り組む。
いや、そりゃほかっておけはズレることも少なくないし、トラブルだって起こることがあります。

それをうまくコーディネートする必要があるんですが、コーディネーターの孤軍奮闘では、
相当力がないと苦しくなってきます。

だからこそ理解あるステークホルダーがいることは、事業に大きく影響してきます。ゼロから立ち上げるのには、相当労力がいるので、関係各所とビジョンを共有し、協働しやすい環境構築は大事です。

3.独自性とかまずは考えない
最後にこれ。
世の中には天才がいるので、当てはまらない人もいますが、僕も含めて多くの方はそうではないはず。笑
だとしたらこれもつまづくポイントだと思う。

インターン生とかもほんとそうで、
10年取り組んでいるけど、90%くらいのインターン生は、どこの企業にインターンしても、
同じような壁にぶつかるし、同じ落とし穴に落ちる。見事に。

で、最初にこういう落とし穴あるよーって言ってるんですが、それでも落ちます。
「半年前に言われてたのにっ((((;゚Д゚)))))))」
と、半年後に笑って振り返ってくれます。

モデルにするけど、素直にやらない、始めから独自色を模索する。
モデルにするなら徹底的にリサーチして、ポイントを整理して、意見交換しながら擦り合わせて、で、実際に仮説検証しながら調整していく。

そういう方がいいんじゃないかなと思います。
同じことをしていても、地域が違えば、人が違えば、自ずと違うものになっていくものだと思いますし。

もちろん、そもそもゼロイチの事業や、新しい仕組みやサービスを作るなら、
独自性が大事なのは言うまでもないですが。



以上3点が質問もらってその時話したことでした。

G-netの取り組みもまだまだ改善やイノベーションが必要なので、えらそうなこと言えないなーと思いつつ、行政事業の場合は特に意識しておかないとズレてしまうことも多いなと思うので。

ちなみに僕がもっと勉強したいなーと思っているのは、
•創業者秋元が取り組むbizモデル
•スリールの堀江さんが取り組むワークライフインターンシップ
•ローンディールの原田さんが取り組む企業間レンタル移籍
などなど。

自分たちの事業とも比較しやすいし、学びたいなーって思っています。
(側にいんだから、学べよっ!って話ですが。笑)

あ、視察の相談があればいつでもご連絡くださいませ。


Q.独自性と丁寧に真似ることのバランスってどうやってとるのだろう?とるとらんとかいう類のもんじゃないのかな?

↑このページのトップヘ