image
※実家の犬。またまたすいません。実家に帰ると彼女の家の中での存在感が、たまにしか帰省しない僕の存在感を際立たせてくれます。

日本の人事部の記事を読んでいたところ、こんな記事を発見
『〔イベントレポート〕組織の問題を「人」「関係性」に働きかけて解決 いま日本企業に必要な“組織開発”とは』
詳細は、見ていただけたらと思いますが、関係性に働きかけるというワードが気になって見ることに
で、見ていてなるほどーと勝手に思ったことがあるのでブログにまとめておきます

以下は、登壇された南山大学の中村先生の言葉(引用します。)
組織開発は英語で“organizational development”。Developmentには開発、発達、成長、進展という意味があり、組織をどう発達させるかという目的があります。だから組織開発を行うことは、職場や組織の体質改善に近くて、外科手術よりも漢方薬や生活改善に近い。自らが気づき、自ら発達・成長させていくものです。

組織開発の必要条件は四つあります。一つ目は「関係性」。個人だけでなく、職場や組織のレベルの関係性にも働きかけます。二つ目は「価値観」。人間尊重や民主的な価値観に基づく実践で、対話が重視されます。三つ目は「プロセス」。ハードな側面だけでなく、ソフトな側面(人間的側面)に働きかけます。四つ目は「当事者性」。当事者が現状に気づき、自ら変革に取り組みます。

※冒頭リンク記事から発言引用 引用元ママ
ビビッと来たのは、「漢方薬」という表現と、「四つの必要条件」の部分
ホンキ系インターンシップについて、企業の方に言われたことがあります

「G-netの事業は、漢方薬みたいだ。」
「即効性はないんだけど、気付くと会社が変わっていっている。」

とってもありがたい言葉をいただけてうれしい限りなんですが
その話を、この中村先生のコメントがとってもリンクしました

ホンキ系インターンシップが、中小企業の組織開発を加速するのはなぜか
以下、中村先生の4つの必要条件に沿ってまとめておきます
ちょっと僕なりの解釈なので、先生の主張とあっているかわかりませんが。。。


1、関係性 
『個人だけでなく、職場や組織のレベルの関係性にも働きかける』とあります
実践型インターンは、まさにこういう働きかけが多い

インターン生が企業に飛び込む理由は
給与ではなく、企業のビジョンや経営者の人柄、事業の魅力などにひかれて
そして、経営者の想いを体現する存在であると同時に組織の中で立場は低くとも
一生懸命に取り組む存在でもあります

この存在が、普段起こらないコミュニケーション機会を社内に生み出したりします
普段は経営者に届かないような声がインターン生を媒介に届いたり
経営者が普段語ることの少ない(意外と社員には話してないことが多い)想いが
インターン生を媒介に社員の方にも届いたり

曖昧な存在が、社内のコミュニケーションや関係性を浮き彫りにしていく側面があります


2、価値観 
人間尊重や民主的な価値観に基づく実践で、対話が重視されます』とあります

インターン生は給与を目的にインターンに取り組んでいるわけではなく、
企業や経営者への共感や憧れ、ワクワク感を原動力に取り組んでいます
だからこそ、モチベーションがパフォーマンスに大きく影響をします

「やる気のあるバイトより安い人材」
昔こんなことを言った企業がありました(受入をその後中止しました)
当たり前ですが、その言葉の前後のインターン生のパフォーマンスは歴然でした

仕組み、ルール、慣習・・・などだけでなく
何のため、誰のため、何を意図して・・・そういう本来の仕事の背景にあるものを
相手に届くように伝えることが、とっても大切です

「んなもん、面倒くさいなー」ってなる人もいると思います
でも、本当のところ社員の方でも同じだったりします

仕事だから、お金払っているんだから・・・
そんなのわざわざ言わなくてもって思っていることを届けようとするあり方、姿勢が実は問われています
それが、インターン生がいると如実に浮き彫りになってくるわけです


3、プロセス 
ハードな側面だけでなく、ソフトな側面(人間的側面)に働きかけます』とあります

これは、もうそうせざるをえないってのが実際のところです
だって人間ですもん、インターン生はwww

様々な課題にインターン生も、経営者も、組織としても直面するわけですが
仕組みやハードだけでなく、ひとりひとりの関係者へのフィードバックがどうしても存在します
そして、給与や上下関係という枠組みでとらえきれない存在がいることで
結果的には、その人そのものにアプローチせざるをえなくなります

これが、普段のプロセスそのものに変化を起こすことになるんですよね


4、当事者性 
当事者が現状に気づき、自ら変革に取り組みます』とあります

結局のところ、インターン生が取り組むプロジェクトの当事者とは誰か?
この問いが、常につきまとってくるのがインターンシップです

「全然やる気が感じられない」
「パフォーマンスが低いし、言ったこととずれている」
感情としては、そう思ってイラっとすることはきっとあると思いますが
その指は、インターン生だけに向けられるものではありません

受入企業の経営者の皆さんが、よく振り返って言葉にしてくださることが
「やる気あったはずの学生がやる気を失っているのだとしたら、
それは、自分自身の関わり方や組織体制に課題があったんだと気づいた」
「インターン生のパフォーマンスが低い理由の半分はマネジメント側に責任がある」
「採用を決めたのは自分自身、その責任を意識しないといけない。だって会社のプロジェクトなんだから」

などなど、色々な気付きをあげてくださいます
相手に向けている指を、お互いが自分自身にも向ける
双方が当事者になって、変革に取り組む
だからこそ、お互いが変化し、成長できる環境づくりへとつながっていくわけですね



さて、中村先生のあげた条件にそって、まとめてみました
実践型インターンシップは、経営者や社員の意識変化や、組織としての在り方の変化に
とっても大きな影響を与えるプログラムです

ただの社会貢献として、酷いときは安く使える労働力として(論外ですが)でなく
企業側の変革のきっかけとして活用する
そう考えて導入することで、より効果的に活用できるようになります


「組織開発の視点から見たときに、インターンシップへの取り組み方はどう変化しますか?」