南田修司のG-netブログ

NPO法人G-net代表理事 南田の個人ブログ
チャレンジの伴走者として一緒に考え、一緒に走る。地域産業のイノベーションと、担い手となる若者が育つ環境づくりに取り組んでいます。
「若者のキャリア支援」「組織のチーム力向上、人材育成」「経営者の右腕」「中小企業の組織開発」「人が育つ組織作り」「インターンシップ」「コーディネート」 

週末に、名古屋の国際センターで、「WORKING RAINBOW EXPO」に
企業出展兼パネリストとして参加してきました。

採用ポリシー変更の前段階として2016年度にスタートしたのが、
LGBTフレンドリーな組織体制への変更です。
法的な婚姻関係がない人でも、慶弔や各種手当の対象とすることや
社内でのLGBTの理解を高めるための研修、受入企業や関わる学生向けの研修など
取り組んできました。

そのご縁もあってお声がけいただけたので、せっかくの機会と参加してきました。

【WRE】20170610_1
※イベント後に、主催者のon the Ground Projectの市川さんとパシャリ
職員の荒木&掛川(今回はこの3人チームで参加でした^^)


市川さんも、ブログで記載されていますが、
参加してとってもよかったです。

で、改めて思ったことは、
地域や中小企業こそダイバーシティの推進にスピード感もって取り組み
発信していけばいいのに。ということ

備忘録もかねて、そう思った理由を整理しておきます。


1、発信しないと、制度にしないと、伝わらないと思ったほうがいい

市川さんとの出会いをきっかけに、取り組みをスタートした僕らでしたが
イベントの中で色んな言葉を参加者の方にいただきました。
  • 性差別の撤廃など社内の規定に明記されているなんてすごい。
    身近にそんな企業があることに驚きました。
  • エントリーシートを記載するときにも、性別欄などどう記載するか迷うし、その項目があるたびに辛くなる。
  • 自分が認識する性自認や、発達障害などが影響して仕事に対しての不安を常に抱えています。
え?そんなところでもすごいって喜んでもらえるの??というのが結構驚きでした。

というのも、普段こうした話をしていると、
別にそんなの普通のことなんだからわざわざ発信しなくてもいいでしょ?
なんてやりとりをすることが少なくありません。
逆に特別視することにも違和感を感じる。という声もありました。

実際に地域の方々との関わる機会の中で、何も制度化なんてされてないけど、
多様な方が働ける環境を整えている企業は少なくありません。

でも、それが見つけられないんだとしたら、悩みを抱えた方にとっても
そして採用に取り組む企業にとってももったいないことだなと。

「この地域で、そういう取り組みに前向きな企業をどうやって探したらいいですか?」
色んな方にそう問われました。一部の企業にとっては当たり前だったとしても
その当たり前を発信することは大切だと再認識。


2、小規模だからこそのスピード感を活かすほうがチャンスも大きい

もうひとつは、改善のスピード感の速さが地域の小規模な組織の強みだなということ。
今回のイベントでは、ゲストの特別講演として、丸井グループ様の話がありました。
丸井グループでは、LGBTイベントへの協賛を始め、多様な取り組みをされています。
  • 社内でのLGBT研修などダイバーシティへの取り組みの推進
  • LGBT学生向けの就活スーツ指南
  • 極小・極大サイズのシューズの取り扱い
  • TOKYO RAINBOW PRIDEへの協賛
などなど多様な取り組みを展開されているんですが、
そんな、丸井グループさんがまだ着手できていないことと話をされていたことがあります。

それは、「制度化すること」でした。

何千人という社員を抱え、多くのステークホルダーを抱える組織だからこそ
一気に制度化という舵取りができない。それが悩みだと


・・・

・・・

え?そんなに時間かかるの?
G-netでは社内での研修や、規定の改訂など半年もかからなかったのに。。。
そう思ったときに、小規模な組織だからこそ出せるスピード感があるなと思ったわけです。

とっても先進的に取り組まれている丸井グループさんでも、いまだ制度変革に着手できていない。
そういう中で、中小企業が率先して変革に着手していけば、地域全体への波及スピードは
格段に増すよなと。そして、それは地域の中での存在感を高めるチャンスにもなるのではと。


3、LGBTフレンドリーというダイバーシティの代名詞

最後に、今回のイベントで感じたのがこれ。
会場に来ていた150人の参加者は、LGBTの当事者の方もいらっしゃれば、アライ(理解者)の方
また、その他のマイノリティに属する方など、多様な方で構成されていました。

僕が直接話をした人も色々いて、皆さんが見ていたことは、
『LGBTフレンドリーという入り口から、ダイバーシティを推進する企業や人と出会える』
ということだと感じました。

つまり、LGBTフレンドリーということに限らず、
すべての人にとって働きやすい組織ということの代名詞なんだろうなと。
そして、それは僕たちにとっても、こうしたイベントを入り口に、
まだ気付いていなかったことに気付けるチャンスでもあるんだと。

『そばに確かにある。けれど、見えなくて気付けない』
それがわかっただけでも、組織開発の視点はグッと広がるなと強く思いました。

自社の組織開発にとっても、自社のブランド力向上においても
価値ある取り組みになると思います。





と、そんなことをイベントで感じたわけですが、
制度を作って打ち出したものの、G-netもまだまだこれから
知らず知らずに傷つけてしまうこともあると思います。

でも、そうなったときに気付ける組織でありたいし、
傷つきましたって言いやすい組織でありたいなと


仕事に向き合う課題じゃなく、仕事以外の課題で働きにくくなる
それを全部とっぱらっていきたいです。




Q、仕事への集中力、エンゲージメントを低下させる仕事以外の課題、何があるだろうか?

【G-netの近況報告です】

働き方改革が新聞紙面やニュース上でも連日登場してますね。
経済産業省でも、「兼業・副業を通じた創業・新事業創出に関する研究会」が設置されたり、
先日は、「兼業・副業を通じた創業・新事業創出事例集」が発表されました。

サイボウズやハピキラFactoryの正能さんなど様々な事例が掲載されています。
いっぽうで、「休めないなら、辞めます」記事も注目を浴びていて、
一連の動きを取り巻く環境は、日々変化してるなーと。

介護や子育てと仕事の両立、プライベートの充実、また、二枚目の名刺など、
企業依存でない自身のキャリア自律の視点など様々な角度からの議論がありますよね。

そうした中で、G-netも改めて働き方変革に向けて舵を本格的に切りはじめました。
といっても、もともと子育てしながら働くスタッフの時短勤務への切り替えや、
副業そのものは認めていたので、より明確に整理し、宣言したというところでしょうか。
まだまだ模索しながらですが、変更した採用ポリシーはこちら

採用ポリシー

また、採用の仕方も変更しました。

・新卒採用の枠の拡大
・プロジェクト単位での雇用の制度化
・卒業前提や夢に挑戦しながらの時短雇用の仕組化
・プロボノやインターンなどのボランティアレベルでも関わりやすい組織づくりの推進


などなど明確に打ち出しました。
で、さっそく6月から早速週2.5日勤務でコミットしてくれる社員も出てきてくれているし、
将来的な起業を前提に働きたいという相談ももらっています。

さて、こうした動きをG-netが積極的に取り組むのには、いくつかの理由があります。
時代の流れの中での対応ということだけでなく、G-netが地域でスタートさせることで
僕らのミッションの実現にもつながっていくと思っているからこそです。

以下に、理由を整理しておきます。


1、誰もがチャレンジできる、チャレンジにやさしいまちづくり

 G-netのミッションは、日本一チャレンジにやさしいまちを作ること。
 それは、障害の有無や、性別、人種などはもちろん、ひとりひとりが置かれた状況がなんであっても
 挑戦できる社会にすることと言って良いと思っています。
 子育てや介護が理由で仕事ができない、またもっとチャレンジしたいけど、様々な規制の中でできない
 障害があるからできない、若者だからできない、年老いたからできない・・・
 色んなできない理由があふれる中で、少しでもチャレンジできる環境づくりに取り組むことは
 ミッションそのものではないかと思い、その体制作りとしてスタートしました。


2、ひとりひとりのパフォーマンスを最大化する、そのための仕組みの更新

 世の中には当たり前ですが、色々な人がいます。もっと働きたい人、働きたくても働けない人
 働きたくない人もいるのだと思います。そうした中で、既存のフルタイム前提や長期的な採用前提
 にあてはまらない、あてはまりたくない人も出てきているし、お金をもらうより休みがほしい人もいます。
 で、それらの何が正しくて、何が間違っているかなんて、正直どっちでも良くて
 今ある環境や状況の中で、一番良いパフォーマンスを出すためにどうすればよいのかを考えたときに
 新しい仕組みを模索し、作り変えていくことは必須なのだと思うようになりました。
 
 人口も減少し、生産力そのものが落ち込む中で、埋もれた生産力をどう引き出し、活用できるか
 個々のキャリアビジョンと組織ビジョンの重なる中で設計し、生産性をどうあげていくか
 こうした次の時代の在り方を試行錯誤し、変化し続ける組織になっていくことが大事だと思います。
 地域でも、人材のオープン化が重要なテーマになってきます。
 

3、地域の中で、絵に描いたプランを落とし込むための実験機関

 国の提言にまとめられたものは、非常に綺麗でそうなれば良いなと思うものが少なくありません。
 今回の兼業・副業推進なんかもそうです。ところが、実際にどうやるの?のところは、ほとんどイメージを
 持ててないことが多く、「一部の事例はあるものの、じゃ何やったらいいの?」という声も良く聞きます。
 兼業や副業も、ともすれば、低所得で苦しむ方々が、その上乗せのために労働時間を増やし、雇用側から
 すれば、リスクの少ない雇用形態のひとつとして生産力を確保することに活用するというような広がり方
 になる恐れもあります。
 
 そうした中でシナジーある兼業や、生産性を高める働き方改革などを大手やベンチャー企業でなく、
 地域の中小企業でも取り組みやすい仕組みや、方法は何か?それをある種実験的に模索するのが
 G-netの役割だと思っています。より良い形で地域に導入していけるプロセスを実体験を踏まえて
 設計し、提案していければいいなと。



と、こんなことを考えながら、新たな動きをスタートさせました。
時代の変化の中で、正誤の話に終始するくらいであれば、試行錯誤する時間にできればと思うし、
組織としての求心力と、個々のキャリアという求心力のバランスを固定的にとるのではなく、柔軟に
とれるようにしていきたいと思っています。


というわけで、一緒に実験に付き合っても良いよーという企業の方、社会人の方
ぜひご一報くださいませ(^^)/

6月1日、本日付けで、前代表の秋元より引継ぎ、NPO法人G-netの代表理事に就任しました。

学生時代の関わりを含めて、10年目の節目で新たな役割をいただくことになり
心機一転のスタートになります。創業者の秋元も引き続き非常勤理事として
バックアップしてもらいながらとなりますが、皆さまどうぞよろしくお願いします。

秋元のブログでも、代表交代について報告されておりますが、『秋元ブログ』
このタイミングで、旧来のブログを閉じ、新たなブログにて情報発信もしていきたいと考えています。
その第1稿として、代表理事就任の率直な感想を残しておきたいなと。(長文すいません。)

2007年、大学院に通いながらコーチングの資格を取得し、
起業のための挨拶周りで連絡したのが秋元さんとの再会のきっかけでした。
で、近鉄四日市駅でお茶をしていた中で、「G-net手伝わない?」と
声をかけてもらったのがそもそもの始まりだったなと思います。

※当時のブログがありました。笑 2008年4月のブログ 『週3日を岐阜でインターン』

お祭りやっているG-netと思っていたら
今やっているのは、お祭りじゃなくて、チャレンジする若者を応援する事業だと聞き
それならば、コーチとして学んだことを活かせるなと参画を決めました。
(当時は、コーチとして独立するための経験のひとつ・・・程度に考えていました。)

でも、いざやり始めてみると、ひとりでは決して生み出せない可能性との出会いの連続でした。
人が変わる瞬間、企業が変革する現場に関わることができ、貢献することができ、
ともにチャレンジできる仲間が徐々に増えていく、そんな実感にあふれた毎日になっていました。
コーチングの資格更新すら、気が付けば忘れていたくらいです。笑

※こんな記事もありました。
 G-netに新卒で入って思うことをまとめた2014年のブログ『NPOに新卒で入ってみて思うこと』

3年ぐらい働く感じかな?なんて思っていたのも束の間
G-netのやりたいことは、徐々に僕の実現したいこととも重なり、やめる理由がなくなったのが正直なとこです。
(僕の志向の変化もあれば、事業そのものを志向にあわせた部分もあったように思います。)




僕は大学、院とずっと教育学を学んでいました。
その中で学校教育を中心に子どもたちに指先を向けて議論され続けることに矛盾を感じていました。
いじめの問題は教室の問題じゃなくて、職員室だったり、地域だったり、社会の問題じゃないのか
未来を担う子どもたちの議論の前に、未来を子どもたちに届ける大人たちの議論じゃないのか

今ある状況の中での最善を生み出す姿勢でなく、正しい・間違いの二項対立に囚われているのは、
可能性を探すのではなく、課題や難点を見つけ出して満足しているのは、
全部、僕たち大人たちじゃないのか? そんなことも日々感じていました。

そんな中でコーチングに出会い、チャレンジの伴走者になりたいと思うようになりました。
そして、G-netに関わる中で、僕が出会ったことのなかった魅力的な大人が本当はたくさんいることを知り
そうした人たちと出会い、挑戦できる環境が、街には必要だと実感しました。

G-netなら一端を担えるんじゃないか?
そう思った瞬間から、いつかやめたいと思うことがなくなったように思います。




さて、そんなこんなで気が付けば10年。縁あって代表理事に就任することになりましたが、
目指すことは、なんら変わりません。秋元が次の役割に踏み出したことも
G-netにとって必要なことだと考えています。

地域産業の活性化と担い手となる若者の育成
G-netの考える地域活性には、産業の活性と、人材育成とが両輪として必要です。
”人”にとことん向きあうG-netと、事業にとことん向き合うbizモデルは切っても切れない取り組みです。
その意味では、NPO法人G-netという組織形態こそ変化しますが、
G-netというプロジェクトは、より大きなインパクトを出すためにステージを一段あげたのだと考えています。

いっぽうで、「G-net=秋元」というブランドに支えられてきた中で、新たなG-netを立ち上げていかねばと思っています。
僕自身が秋元さんのようになれるとは思っていないし(同じ存在感を目指していくわけでもないです)、
組織としての在り方や強みも、より変革していきたいと思っています。

幸いなことに、G-netには、
このタイミングで副代表理事に就任してくれた田中勲を始め、信頼でき共にチャレンジできる仲間がいるし、
事業を通じて、共に挑戦し続ける企業や若者がいます。そして、裏方で見守り、応援し続けてくださる地域の方々がいます。


僕が適任かどうか、もっと優れた人材がいるのではないか?
そんな風な不安を思うことも時にありますが、パラレルワールドなどここには存在しないし、
少なくともこの現実の中でその役割を担うのが僕なのだとしたら
自分にとっての最善を尽くすことに集中したいと思います。




本来であれば、お世話になったひとりひとりの皆さまに直接ご報告すべきところ
こうした形でのご報告となりましたこと、ご容赦くださいませ。

7月30日に開催するチャレンジフォーラムにて
改めての、これからのG-netについてご報告させていただきたいと思います。
ぜひ、ご参加くださいますと幸いです。

今後とも、ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。



南田修司

=========================
【チャレンジフォーラム2017 開催概要】
■日時 2017年7月30日(日)13時~16時半(予定)
    ※開場は12:30、開始は13:00となります。(17時より懇親会)
■場所 岐阜大学サテライトキャンパス多目的講義室大(岐阜駅より徒歩5分)
    岐阜市吉野町6丁目31番地 岐阜スカイウイング37 東棟4階
■申込  申込フォームよりお申込みください。
===============================
    







↑このページのトップヘ