南田修司のG-netブログ

NPO法人G-net代表理事 南田の個人ブログ
チャレンジの伴走者として一緒に考え、一緒に走る。地域産業のイノベーションと、担い手となる若者が育つ環境づくりに取り組んでいます。
「若者のキャリア支援」「組織のチーム力向上、人材育成」「経営者の右腕」「中小企業の組織開発」「人が育つ組織作り」「インターンシップ」「コーディネート」 

【シェアプロ第2期成果報告会オブザーバー募集してます。】


2017年10月に各務原市や、商工会議所の皆さんとスタートした
社会人向けの地域課題解決型プロジェクト「シェアプロ」
12月に終わって、2018年1月に第2期をスタートしました。

富士ゼロックスグループのメンバー28人が6社のプロジェクトに参画してくれています。
その成果報告会を4月20日に名城大学社会連携センターが運営する「shake」にて実施します。

G-netが14年間取り組んでいるホンキ系インターンシップは、
・ビジネス経験がない
・でも熱意をもって挑戦したい
・時間がある
大学生が6ヶ月間飛び込みます。

で、シェアプロは、
・ビジネス経験があって
・仕事の隙間でもやりたいと集まる熱意をもって挑戦する
・時間があまりない
社会人が3ヶ月間リモートで事業に参画します。
※富士ゼロックスさんは、これを研修として活用いただいています。


でも、2期やっていて思うのは、特性こそ目に見えて違いがあるんですが、
異なるバックグラウンドや文化、時には言語を持つ人たちがプロジェクトを遂行するには、

・目的は何か。
・何を大切にしたいのか。
・限られた期間でどこまで行くか。
・どんな役割や責任をそれぞれが負うか。

こうしたことの共有がどのレベルでできているかなんだなと感じています。
実際、能力だけではパフォーマンスがでない。ほんと皆さん優秀ですしwww

でも、同時に感じているのは、
すごいポテンシャルをみんなもっているんだということ。
ちょっと語弊があるかもしれませんが、めっちゃみんな真剣だし、
ポジティブに限られた時間のパフォーマンス最大化にこだわるし、
大手とか中小とかでなく、お互いの強みを学びあうし。


生産性がどうこうありますが、それを活かせてないのは、
リーダーであり、企業であり、街であり、国なのだと。そんな風に最近思うんですよね。

「チャレンジにやさしいまちづくり」
G-netが17年前に掲げたひとつのテーマ

挑戦できる人材を増やすとずっと思っていたんですが、
最近はそうでなく、みんな挑戦できるんだけど、
それを許容し、応援し、加速する企業やまちに課題があると思うようになりました。

そういう意味では、子どもの話でなく、大人の話なんだなとも。
『もっと人は活かせる』そう感じます。


ま、とはいえ、色んなすったもんだをやりながら、2期の成果報告会やるので、
ぜひ、みなさん遊びにいらしてください。

第3期は夏からを予定しています。
受け入れしたい企業様はもちろん、研修などで活用したい企業様もまもなく募集開始。
興味あったらお声がけくださいね(^^♪


image

週末は、東京にてNPO法人ETIC.が取り組むプログラムBRIDGEに参加してきました。
※BRIDGEとは、「ローカルリーダーのための『事業加速』プログラム」
BRIDGEでは、自分の事業やまちづくりの過程で課題を感じているローカルリーダーが、
先進地域やメンターからの学びを通じて、自分の事業を成長させ、
明日からの行動を変えていくプログラムです。
※BRIDGE webより引用
G-netは、昨年に引き続き2回目の受け入れ地域としての参画。
※実は、副代表も他地域に研修で出ていたので、研修受け入れ先であり、参加側でもありました。

参加者は、実践型インターンシップや地域の中小企業と若者のコーディネートに取り組む
全国5地域の実践者の方々。テーマが変われば僕も学びたいことがたくさんある取り組みを
されているところばかりです。


で、10月くらいから、現地視察にオンラインフォローアップにと取り組んできた
報告会が週末にあったというわけです。

さて、そんな中最近改めて考えていることが「成長」というマジックワード
10年来実践型インターンシップに取り組んでいても、「成長」という言葉は、
圧倒的な存在感を醸し出しています。

でも、結論から言うと、成長は
「矢印が自分でなく、対象に向いたほうが圧倒的にはやい」
ということだなと思います。

「成長したい、そのために、いろんな経験を積みたい。 」
「営業で成果を出したいんです!
「もっと若者に寄り添えるようになりたいんです!
「企業の支援ができるようになりたいんです。

「・・・でも、そのためには、今の自分では未熟だから、
まずは成長しなきゃいけないと考えています。

・・・でも、未熟だからまずは成長しないと・・・。


この10年幾度となく聞いてきた言葉ですが、
もともとあったはず「◯◯のために」がいつのまにか消えていて、
成長だけが残っていることが多いんです。

でも、営業で成果をもっとあげたいなら、考えるべきことは、
自分の力があるかないかじゃなくて、相手は何に困ってて、何を望んでいて、
どうなるともっと良くなるんだろうか?
ってことじゃないかと。

企業に寄り添いたいと思うなら、コンサル力があるかないかじゃなくて、
企業の現状についてもっと知ることだったり、経営者の悩みや、探している情報にアンテナを
たてることだったり、自分でできないフォローならできる人を探してあげることだったり。
なのじゃないかと。

そして、
そうした目線の先に貢献を実感できた、成果を実感できた、
そのとき成長をはじめて自覚できる。

そういうものだと思うのです。

もちろん、成長に意識が向くことは、
何かをイメージしたときに足りない自分に気づいているということ。
なので、それ自体は、大きな一歩なのは間違いない。

でも、だからこそ、そこで矢印を自分に戻すのではなく、足りないと気付いたからこそ
もっと矢印を相手に向ける、対象に向ける。

そうして足りないと思っていた課題が、いつのまにかなくなっているように思います。


何かを獲得しないと、誰かを支えれない、何かを実現できない、んじゃなくて、
今の自分にできるベストを1点ずつでも更新していく過程に支えられるものがある。
そんな風に成長を捉えられるといいなと。


僕もいつも思うことがあるですが・・・。
自分より優秀な人はやまほどいて、自分じゃなく、もっと優秀な誰かがやったら
もっとたくさんの人を支えられるかもなー、もっと高い成果をだせるかもなー、
って考えて、無駄に凹むことがあります。

でも、結局その人は、今困っている目の前の人の前にはいない。この課題の前にいない。
それだけが事実で、今困っている人の前にいるのは、課題に取り組んでいるのは自分。
これだけが事実です。

だから、自分にできることで勝負すればいいし、何かを獲得しなくても、勝負しながら身に着ければいいと思います。矢印を対象に向けながら、必要なことを学ぶことと、自分に矢印を向けて、何かを得ようとするのとでは、スピード感が段違いですしね。

ま、そう思ってないと、やってられないよ!って側面もあります。笑

というわけで、何気なく使う「成長」という言葉
一歩さがって見つめなおしてみるのもたまには良いですよ。


「みなさんは、何のために、成長したいんですか?」

最近メディアでもたびたび見かける
パンをオーダーメードで注文できるサービス「パンフォーユー」さん
世界初オーダーメードパン宅配サービス『パンフォーユー』

僕も立ち上げのタイミングでクラウドファンディングを支援で
届いてパンをさっそくいただいちゃいました。
image
※冷凍パンなんだけど、解凍の仕方やオーブン使ったりレンジだけなどやり方次第で
パリッとしたものから、モッチリしたものまで楽しめる。
で、油脂が多いとか少ないとか、オリーブオイルや小麦粉の素材とかの違いを
食べ比べできるとっても楽しめるオーダーメードパンなのです。


で、このパンフォーユーを仕掛ける代表の矢野さん。
クラウドファンディングの仕組みを使って新たな挑戦をスタートです。

※ちなみに、矢野君は結構縁深く、
G-netがグロービス経営大学院名古屋校とコラボで実施した
若手社会人向けのセミナー「Young Leaders Proglam」を以前受講してくれてて、
その後も、何かとご一緒することが多かったんです。


で、その新たな企画が、「全国パン甲子園」
ご当地食材とコラボしたパンによる選手権とのこと
クラウドファンディング「makuake」の冒頭分引用
〜 全国47都道府県・名産品パン甲子園 〜、ついに開幕!!
全国47都道府県の名産品をつめこんだご当地パンの頂上決戦!!
地元パンを応援しよう!!
というわけで、岐阜県代表は「栗きんとん」です。
東海予選のクラウドファンディングページはこちらです。
今回、G-netは、この食材のコーディネートをサポートさせていただきました。
ことの始まりは、夏くらいに
矢野君「岐阜の食材とのコラボも是非とも。」
南田「溜まりとか味醂とか栗きんとんとかどう?」
矢野君「栗きんとんいいですね。」
南田「栗きんとん×パンフォーユーはやれると面白いと思うな。」
みたいなやりとりをフェイスブックでやってたのがきっかけwww
気が付けば甲子園になっててびっくりしました。
でも、面白い取り組みで、さっそく応援しようと思います。
(ん、こうやって気が付けばファンになっていくのか。。。)


今回、こういう縁をいただいて感じたのは、
地域に密着して事業展開するG-netと、コンセプトを打ち出し全国をつなぐ事業者は
相性が実はとってもいいなということ。

今取り組んでいる、大企業も参画する地域課題解決型研修プログラム「シェアプロ」も
地域に密着、根付いて設計ができるからこその強みがうまく出てきている。

こういう連携はもっと増やしていきたいなと思います。


ま、なにはともあれ、「全国47都道府県・名産品パン甲子園」です。
皆様、ぜひとも岐阜県応援してください(^^♪

最後に、東海予選のmakuakeサイト
「あなたの出身県は何パン??全国47都道府県・名産品パン甲子園〜東海予選〜」

はやく食べたい。。。


DSC08146_1

名古屋伏見の moriwaku café (森ワクcafé)
パートナー企業の飛騨五木グループさんが、都市部に木のある暮らしを提案するべく
8月にOPENしたばかりのカフェです。
(元ホンキ系インターンシップ生が店長を務め、立ち上げを担当してました。)

そんなmoriwakucaféをお借りして
『新しい働き方ミートアップ』を開催しました。

早速、岐阜新聞のメディアにも登場
副業で働き方改革 中小支援プロジェクト

働き方改革や、兼業・副業がトレンド化し、日々メディアを賑わせていますが、
どうも、都会やベンチャーなど一部の話にも聞こえてきます。

ちゃんとやるなら制度としてだけでなく、
浸透していく土壌づくりから始めないと絵に描いた餅になっちゃわないか?
そんなことを思いながら、今回各務原商工会議所様と一緒にプロジェクトを始動することにしました。

『各務原プロジェクト』

いきなり兼業とかは制度もまだ追いついていないので
まずは、隙間時間を活用しながら社外プロジェクトに参画してもらいつつ
地域の事業者、部分的にしか参画できない人材を活用できるマネジメントや設計を学ぶ
お互いの土壌を耕す機会になるよう準備を進めています。

『川漁師と共に取り組む地域資源や文化の保護プロジェクト』
『にんじん農家と連携する離乳食開発プロジェクト』
『コミュニティ拠点としてのお風呂屋さんのリブランディングプロジェクト』
『都市部の拠点を活用し、森と関わる仕事発信プロジェクト』

などなど、複数のプロジェクトを用意してます(^^)/

8月27日のキックオフイベントでは、
ソニーで商品開発を担当しながら、ハピキラFACTORYの代表と務める正能茉優さん
サイボウズで社長室長を務めながら介護施設のコンサルティングを複業で取り組まれている松村克彦さん
の2名をお呼びして先進事例を話していただきました。

DSC08116_1
正能さんには、当事者としての兼業、パラレルキャリアについて事例紹介してもらいました。

当事者として新しい働き方を仕掛ける側として
社内の理解をどう得るか、自分のスタンスを通すだけでなく、
企業にとっての価値も同時に最大化できるように努力している点など
かなりざっくばらんにお話いただきました。

ビュッフェキャリアの話からは、働き観そのものの変化もあるなと実感。

DSC08119
松村さんには、企業側の視点からのメリットなども加えて話していただきました。

サイボウズの松村さんは、当事者としての話に加え、
企業にとっての価値や、取り組むために大事なことを話してもらえました。

制度/ツール/そしてそれを支える風土

このそれぞれをトップが音頭をとって取り組むことの重要性がとってもしっくりきたところです。


岐阜新聞の記事にも取り上げられているように
このイベントはキックオフ、ここから9月のマッチングイベント
10月からの各務原プロジェクトへのうつっていきます。

面白いプロジェクトになると思うので、関心あれば、ぜひお声がけください。
社内研修として活用したいという声もいただいているので、興味ある企業様が
ありましたらば、いつでも連絡待ってます(^^)/

貧困世帯の子どもたちに直接食料を届けるアプローチ
「こども宅食」が、2017年10月から東京都文京区でスタートする

昨日の記者発表以降、ヤフーニュースを始め、様々なメディアで取り上げられ話題になっている

『食料を直接手渡す「こども宅食」は、「7人に1人が貧困」の子どもたちを救うのか
ふるさと納税で食料宅配 東京・文京区とNPO、ひとり親と子供らに

また、様々な人が、twitterやfacebookで、「こども宅食」について記事や投稿をあげている
この取り組み、とても素敵だと思うし、応援することで、ひとつのモデルができればと思う

また個人的には、NPOだけでなく、民間企業も参画していることがとても良いと思うし、
参画企業の1社は、ホンキ系インターンの元受入企業でもあるココネット株式会社さん
ココネットさんは、買い物弱者サポートのための食糧配達など手掛けているし、
顧客とのコミュニケーションを大切に取り組まれていて、この取り組みにもぴったりなパートナーさんだと思った


今回、いくつか期待していることがある


1つ目は、
『コレクティブ・インパクトというアプローチがどういうインパクトにつながるか』
共通の課題認識のもと、ビジョンを共有し、指標やゴールを共有した組織横断的な取り組みとして
「こども宅食」はとても注目できる

社会課題解決の取り組みは、想いだけでは実現しない
目の前の1人を支えられることの価値は果てしなく大きいことだけど、
同時に、まだ出会っていない多くの1人がいると思うと、どこか壁も感じる
そういう中で、1個人1組織だけでなく、ビジョンを共有でき、それぞれの専門性を備えた
チームで取り組めることは、どういうインパクトを生み出せるか
それがとても楽しみだし、僕にできることがあればサポートしたいと思う


2つ目は、
『制度や仕組みを整えるだけでは届けられない、アウトリーチ型の支援』
支援できる、サポートできる、用意がある、ではなく、「届ける」という今回の取り組みが
見えなくなっている子どもたちをすくいあげるきっかけにならないものか

ダイバーシティやLGBTに関しての取り組みをしていても
確かにそこにいるはずなのに、見えないまま課題が生まれていっている現実に出会うことがあった
そして、出会って初めて気づくことができた

わかっていれば対応するよって企業は実際に結構あって
でも、当事者の方にはそれは見えていない
そして、結果的には僕たちも見えなくなっている

貧困状態に陥っている子どもたちにも同じようなことがあると思う
アウトリーチ型の取り組みが、そのひとつのきっかけになるのではと期待している

「で、実際にそれでアプローチできるの?」
「で、何人それでサポートできるの?」

色んな疑問や批判的な指摘もあがっているけれど
一点突破できるヒントやノウハウが積みあがっていくことにも価値があると思う


そして、3つ目は、
『横展開の可能性を持つ設計』
今回、専門性を持つ複数の組織が連携しながら支援体制を整える
そして、その資金源として、補助金や助成金、委託などでなく、ふるさと納税が活用される

命をつなぐ「こども宅食」で、1000人のこどもと家族を救いたい!

返礼品競争の激化が問題視もされている中で、改めて誰のために、何のために使うかを
選択できる形でのふるさと納税は、とても素敵

まずは気づくこと、そして最初の一歩として取り組めることがあること
その先に、価値が見える化し、継続的な支援体制を整えること
そういう一歩につながる体制なんじゃないかなと

文京区だけがどうこうでなく、目標としている1000人だけがどうこうでなく
その先をイメージして設計されていることがとっても良い


そんな観点もあってとっても注目している
目の前のたった1人にこだわりながら、まだ見えないままの多くの1人もイメージできる
そういう取り組みになることに期待


『どんな立場や境遇、人種などに関わらず挑戦できる環境を整え、支えあえる社会を目指す』
僕がG-netにコミットする大きな理由のひとつはこれ
だから、「こども宅食」も応援したい


↑このページのトップヘ